Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
ショッピング
旅の郷愁
おすすめ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
味噌ラーメン
先日、私はラーメンは、塩に限るというようなことを申し上げました。
しかし、だからといって、塩ラーメンしか食べないというわけではありません。
実際は、店によって、食べ分けをしています。
ただし、初めて入った店では、必ず「塩ラーメン」を注文することにしています。

今日の昼は、家族でラーメンを食べに出ました。
私は、店の一番人気メニューと銘うっていた「白味噌ラーメン」を注文することにしました。
一般的に、味噌ラーメンは、ピリカラ系で、味も比較的濃い目のものが多い様です。
ここの白味噌ラーメンは、味がまろやかで、味噌味特有のくせが少ないところが特徴でありましょうか。
だからといってコクがないということではなく、決して味に物足りなさを感じることはありません。
これなら、子供さんにもお勧めかもしれませんね。
結論 おいしかった。
味噌ラーメン
青葉通り沿いにあるお店です。
posted by: ryusui | グルメ | 16:19 | comments(0) | trackbacks(1) |-
北見塩焼きそば
北海道といえば、旨いものには事欠きません。最近全国区になったものとしては「ジンギスカン」でありましょうか。さて、わが町北見のグルメといえば「鍋奉行と焼肉」でも紹介しているように「ホルモン」はお勧めであります。さらに付け加えるならば、北見は飲み屋の多い街でもあります。居酒屋の女将にしろスナックのママさんにしろ、気性がさっぱりしていて、かざらない、そんなところが呑んでいて気持ちの良い街です。呑み助の私としては、この街に住んでいて良かったと、心からそう思います。
しかしながら、札幌の「スープカレー」とか帯広の「豚丼」とかいった、所謂「ご当地メニュー」なるものは残念ながら縁の無い町でありました。ところが「じゃらん北海道発」のヒロ中田編集長の提言がきっかけとなって、「ご当地メニュー」の開発を進めることになったそうです。それが「北見塩焼きそば」であります。
私はラーメンがとても好きです、なかでも塩ラーメンが一番です。なんで塩が好きなのかですが、単に塩味が好みだろうと云われると、それはちょっと違うと云いたくなります。私にはこだわりがあって、やはり究極のラーメンは「塩」であろうと思っています。なぜなら「醤油」も「味噌」も固有の味を持っているからです。
そういうならば「塩」だって味を持っているではないかといわれそうですが、素材の味を生かしているという点から考えるならば、ある程度の理解をいただけるのではないかと思います。
塩ラーメンは、料理人の腕が試される、あるいは素材の良さがはっきり出てくるそんな料理であると、私は思っています。
そんな、私ですから今回の「塩焼きそば」には大きな期待と、好奇心を抱いています。
いよいよ26日から市内22店舗で、提供開始されるとのことです。
内容としてはオホーツク産食材にこだわりをもっていることと、以下のルールを設けているそうです。
(1)皿の代わりに鉄板を使う。
(2)仕上げにホタテなど各店舗独自のスープをかける
(3)道産材を使った割り箸を添える
なお、本日25日は、関係者マスコミ等への発表会が行われたはずです。
さきほど申し上げたように、塩にはちょっとうるさい私です。
期待と少しばかりの不安は、アドバルーンのようにふくれあがっています。
果たして22店舗全てを、訪問できるかどうかはわかりませんが、できればそうしたいと思っています。

posted by: ryusui | グルメ | 23:10 | comments(0) | trackbacks(77) |-
鍋奉行と焼肉
私がかつて東京にいたころの話である。以前の職場に鍋奉行といわれていた大先輩のK氏がおられた。鍋の薀蓄は云うに及ばず、今で言うトリビアでは向かうところ敵なしの兵で、かつ口やかましく、皆からは多少煙たがられている存在であった。あるとき、職場でバーベキューをやったときのことである。彼が、これは「ハラミ」だから、よく味わって食べるようにと云うのである。別に、どんな肉であろうが、食べて美味しければそれでいいことだとは思ったが、それにしても私は「ハラミ」とは、どういう肉のことを云っているのか、分からなかったのである。よっぽど、聞いてみようかと思ったが「何だ、そんなことも、知らないのか」といわれそうで、つい聞きそびれてしまった。それから、ずっと後になってから、私は北見に戻ってきた。そうして「ハラミ」とは、何のことはない「サガリ」のことを云っていたことに気が付いたのである。それと、もう一つ。北見は実は日本でも有数の焼肉の町だったのである。確かに、北見は「ホルモン屋」がやたらたくさんある。北見に育った私は、それが常識になっていたので、本州に行ったら「ホルモン屋」が少ないというか、ほとんど無いことに驚いた。焼肉にしろホルモンにしろ、故郷とのあまりのギャップの大きさに愕然とした。味もさることながら、高い!
とにかくホルモンの身上は安くて、旨いことにあります。
なお、ホルモン初心者の方に、K氏ではないが多少の薀蓄を申し上げると、焼き鳥と同じように「タレ」と「塩」がありますが、断然「塩」がお勧めです。
それと、初めて食べると、まるでガムのように噛み切れなくて、「何だ、これは」と思うかもしれませんが、いい加減かんだら、飲み込んでOKです。ホルモンはみかけとは、違ってとても消化が良いのです。
私は、焼肉もホルモンも好きですが、「通は焼肉よりもホルモンを好む」という言葉があるほどホルモンには魅力があります。ホルモンの旨さを知るとやみつきになってしまいます。
北見に来た折は、ぜひホルモンをご賞味あれ。
ホルモン
posted by: ryusui | グルメ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(27) |-